青色申告の保険料控除

青色申告の保険料控除

今日までが、確定申告の期限だった。確定申告をするとき、保険料の控除を受けることが出来る。生命保険料、介護保険料、健康保険料、地震特約付きの火災保険が対象となるが、割り合い高額になる自動車保険は対象にならない。これも対象になれば、無保険車両が無くなり、事故があった場合助かるのだが、車を持つことが贅沢若しくは特別な人の事という考えがあるのだろうか。こんなに車が普及した今、控除対照にしてもいいのではと思ってしまう。その他の控除対象の保険も、介護保険と健康保険は全額だが、生命保険と火災保険は全額控除の対象となるのではなく、掛け金に応じて計算式があり、限度額が設けられているので、税額は期待したほど軽減されない。まあ考え方次第だが、保険に加入していれば安心していられるので、それに掛かった経費を政府がある程度面倒を見てくれているとも言える。世界中でこんな国はあるのだろうか。だが、この制度があるので、確定申告は書類的に面倒になる。保険会社や社会保険庁からくる原始記録を保管し、保険料控除計算書に付けて計算し、控除額を算出する。それを確定申告書の所定欄に移記して、やっと完了となる。税金が安くなるのだから、一生懸命計算しよう。

INFORMATION

2017年03月23日
ホームページを更新しました